飲む点滴 夏バテに山田屋味噌のあま酒!モーニングショー8月22日放送

2018年9月12日

1週間くらい前は涼しかったし、空気が乾いていてサラッとしてましたが、2つの台風が接近で、湿った空気が入って暑いですねぇ。
ホントげんなりです。

こんな時は、“飲む点滴”と言われる甘酒で体をいたわって元気になりませんか。

新潟の山田味噌のあまざけ モーニングショーの宇賀なつみさんのコーナーで紹介!

江戸時代では夏の飲みもの、栄養ドリンクとして飲まれてきた甘酒。今は「飲む点滴」とか「飲む美容液」と言われ、
若い女性にも人気の飲み物となりました。

いろんなメーカーから甘酒は発売されていますが、8月22日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』の水曜日の宇賀なつみさんのコーナー『継ぐ女神』のコーナーで、新潟の老舗味噌屋さん「山田味噌」さんの甘酒が紹介されました。

山田味噌のあま酒のお取り寄せはこちら↓

山田屋さんの甘酒の特徴は?

ここ数年『飲む美容液』とか『飲む点滴』とか『腸活』に良いとブームになった甘酒。いろんなメーカーからいろんな甘酒が発売されていますが、山田味噌さんの甘酒の特徴が、米麹!

私もよく甘酒を手作りするので、それこそいろんなメーカーの米麹を使ってきましたが、山田味噌屋さんの米麹初めて見ました!
それは、『米の中に麹菌を入れる!』です。なので、山田味噌屋さんの甘酒は美味しく、麹菌がしっかり働くのだそうです。

普通の米麹は、米の周りに麹菌がくっついて、“ふわふわ”の綿のようなものがついてたり、粉っぽいものがついてたりします。
で、板状になったものが多いのですが、山田屋さんの麹はお米の中に入ってるので、サラサラ!そして、麹菌が元気でよく働くのか、一晩おいて作った甘酒はトロトロ!

私が作る時は、8時間くらいで作りますが、あそこまでトロトロな感じはないですね。

麹菌が元気だからこそ人も元気にキレイになる!お店の方のお肌もツヤッツヤしてましたね。
夏バテ気味の方や、腸活されたい方、美肌になりたい方はいかがですか。

そう言えば、こちらの『豪農』というお味噌。アノ、梅沢富美男さんが愛用されてるそうですよ。お味噌「豪農」もお取り寄せできました。

甘酒をヨーグルトメーカーで作る場合の注意

昨日、モーニングショーを見て、スグに山田屋さんのあま酒のお取り寄せをご紹介したのですが、リンクが楽天市場のトップページにしか飛んでいなくて、すみませんでした。申し訳ございませんでした。
もっと確認すれば良かったです。

モーニングショーで紹介されたからだと思いますが、私がショップを見た時は“3ヶ月待ち”でしたが、今は“6ヶ月待ち”になりました。こういうのは慌てて作っても意味がなく、じっくり発酵させて作るからこそ価値や意味があります。

そんなじっくり育てた甘酒だからこそ実感があります。なのでお取り寄せされたい方は届くまでしばらくお待ち下さい。

そして、私もなんですが、手作りで甘酒を作ってみようという方も多いと思います。
私の場合、炊飯器で作っていますが、ヨーグルトメーカーで作ろうとされてる方、ちょっと待って下さい!

そのヨーグルトメーカーは温度を設定できますか?できないタイプなら甘酒がうまく作れないことがあります。

我が家の炊飯器はヨーグルトメーカー機能もあるタイプの炊飯器です。
それは、「ヨーグルトも作れるなら同じ発酵なので甘酒も作れるだろう」と私のあさはかな考えで買ったんですが、結果、美味しくうまくできませんでした。

そもそも、ヨーグルトと甘酒の発酵に適した温度が違うんですね。
ヨーグルトは、甘酒を作る温度より低くてもできますが、甘酒はうまくできないんです。

私もヨーグルトメーカーで作ってる時、なんか、芯が残ってるような、とろみもなく、確かに市販の甘酒は飲んでましたが、手作りの甘酒の正解がわからなかったので

「これでいいのかな?」

と思って、最初のうちは飲んでたんです。ところが、ヨーグルトと甘酒を作るときの温度の違いを聞いてからは、炊飯器の保温機能をつけたり消したりして甘酒を作っています。
そうするととっても甘くて美味しい甘酒を作ることができました。

なので、温度設定ができないヨーグルトメーカーで甘酒を作ろうと思われた方は気をつけて下さい。

もし、ヨーグルトメーカーで甘酒を作ろうと思うならヨーグルティアがおすすめです。
細かい温度設定ができて、甘酒もヨーグルトも他の発酵食品も作れますよ。