ちちんぷいぷいで紹介の北山正積商店のたわし!

今日から11月ですね。早いですね~。この間まであんなにクソ暑かったですが、もう11月。ほんと月日の流れるのが早いです。

で、もう、おせちの予約は済まされましたか?我が家も毎年おせちの予約はドコにしよう?とギリギリまで悩むのですが、今年というか来年のおせちは今年のおせちのリピートになりました。おせちの予約、まだの方はこちらのブログでおすすめのおせちを紹介しているので、よかったらどうぞ。
→→2019年のおすすめおせち

ところでちちんぷいぷい11月1日放送で、木曜日のコーナー、藤林アナの“こつこつのコツ”のコーナーがありました。
今回は、親子で作ってるたわし屋さんの話題でした。

北山正積商店のたわし

ちちんぷいぷいのこつこつのコツで紹介された北山正積商店のたわしはこちらで購入できました。

ワンちゃんも気持ちイイ~!ペット用のたわし

今回珍しいなぁ・・・って思ったのが、ペット用のたわし!あのペット用のたわしで、犬やネコをブラッシングする用のたわしだったみたいで、ブラッシングされてたワンちゃん、気持ちよさそうでしたね。

昨日の“継ぐ女神”のコーナーではありませんが、伝統的なものを守っていきながら、新しいものも作る。正にソレでしたね。

環境にも人にもやさしいシュロのたわし

今、世界的に環境の事が言われていて、コーヒーチェーン店では、ストローをやめたとか、レジ袋も有料になるとか言われています。

私が子供の頃は、普通に、恐らくシュロのたわしを使っていたと思うんですけど、物心ついた頃にはナイロンたわしとかスポンジに変わってしまいましたね。

そのうち、台所用のスポンジも「環境に悪い」と言われて、スポンジからシュロのたわしに・・・・ってなるかもしれませんね。

いずれにせよ、環境と人に優しいシュロのたわしです。

今回、藤林アナが行かれたところは、和歌山県の紀の川市にあるたわし屋さんでした。
以前もこのブログに書きましたが、今回、“たわし職人”として紹介されていましたが、私が子供の頃、私が住んでた町内には2軒のお宅のおばさんがたわし作りの内職をされていました。

今回、たわし作りのVTRを見て、スタジオの出演者が初めて見たようで驚いておられました
ただ、私も子供の頃は、ワイヤーに挟まれたたわしになる前のシュロがクルクルと巻かれたらたわしになるのが面白くて、おばさんの家に言ってはたわし作りを見ていました。

なので、今回のぷいぷいを見て懐かしかったですが、“たわし職人”として、こだわって作っていらっしゃるのはわかるのですが、近所のおばさんたちが内職でやってるくらい手軽な感じだったので、“職人”っていう言葉にはちょっと違和感がありましたけどね。

こちらもおすすめ!→→ちちんぷいぷいで紹介!料理研究家江崎先生プロデュースのお鍋