飲む日焼け止めのヘリオケアウルトラDが最安値で送料無料!!

2018年7月13日

2~3日前に、ネットのニュースでこんなニュースが出てました。
「日焼け止めを正しく使う 皮膚炎起こす危険も知って」というタイトルでした。この記事もそうですが、皮膚炎を起こさないために、日焼け止めの選び方や塗り方、また、子供さんの日焼け止め対策として、子供さんにも飲める“飲む日焼け止め”もご紹介します。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け対策や紫外線対策として手軽に使う“日焼け止め”。でも、使い方を間違ったり、日焼け止めの選び方を間違うと、皮膚炎などを起こしてしまうことも。
なので、正しく選んで、正しく使いましょう。

まず、日焼け止めと一口に言っても、紫外線対策として、2つの薬剤が使われています。

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

2つ一緒に配合されてることはありませんが、文字通り、「紫外線吸収剤」は入ったものは紫外線を吸収し、紫外線散乱剤は紫外線を吸収しない働きがあります。

特に気をつけたいのは、“紫外線吸収剤”が入った日焼け止めです。
紫外線吸収剤の入った日焼け止めをつけると、皮膚の上で化学反応を起こし、炎症を起こしてしまう可能性があります。

お肌に優しい成分として日焼け止めに使われているのが“紫外線散乱剤”が入ったタイプです。ただ、お肌に優しいタイプという事もあり、日焼け止め効果が長く続かないのが特徴です。

ただ、吸収剤が入ったタイプも散乱材が入ったタイプも1度塗ったら安心せず、数時間おきにこまめに塗る!というのがポイントのようです。

SPF30や最近なら50というのもありますが、数字が大きいからといって日焼け止め効果が長く続くわけではなく、こまめに塗るのがポイントです。

紫外線散乱材は乱反射させて、皮膚に紫外線を通さないという働きがあり、『お肌にやさしい日焼け止め』と言われています。

SPFとは

日焼け止め対策商品によく書かれている『SPF』や『PA+++』というのは、

  • SPF・・・・・B波に有効
  • PA+++・・・・A波への防御効果でプラスは効果の高さを+の数で表したものです。

なので、“PA+++”というのは、+が1つより、効果が高いという事になります。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

ウォータープルーフの日焼け止めに注意!

吸収剤が入ってるタイプもお肌に優しいと言われる散乱剤が入ってるタイプもお肌に合わない人にとればどれもお肌にトラブルを起こしそうですが、日焼け止めで特に注意してほしいのがウォータープルーフタイプの日焼け止めだそうです。

海やプールに行かれる方など、ウォータープルーフを使う事が多いと思いますが、汗や水に強い分、皮膚に留まってる時間が長いので肌トラブルを起こす可能性が高いのだそうです。
なので、ご注意を。

また、ウォータープルーフじゃない日焼け止めなら石鹸などで落ちますが、ウォータープルーフは石鹸などでは落ちにくく、クレンジングで落としてから洗い流さなければいけません。
ウォータープルーフを使ったら、クレンジングを使いましょう。

お肌の保湿も忘れずに!

夏って汗をかいて、常にお肌がしっとりしてるような感覚になるんですけど、本当は、お肌の表面は乾燥して乾いてるそう。なので、クレンジングや石鹸を使って日焼け止めを落としたら、ボディ用のローションやミルクなどできちんと保湿!しっかり保湿!

保湿を怠ると、お肌が乾燥してるところに、強い紫外線を浴びて皮膚トラブル、肌トラブルに見舞われるケースも多く、病院通い・・・という事も少なくないそうです。

なので、日焼け止めを使った後は、しっかり洗い流して、しっかり保湿!
そして、日焼け止めを落とした後はお肌の保湿も忘れずに!

日常生活の日焼け対策はパウダーでも有効!

海に行くとか、屋外プールに行くとか、公園に行くとか、長時間屋外にいる事を除けば、日常の日焼け対策は粉おしろいなどのパウダーをはたくだけでも十分!

おうちのお部屋にいても、窓から紫外線は入ってきますが、これを予防するには、粉おしろいやパウダータイプのファンデーションで十分!
また、お肌への負担もあまりかからず、日常の日焼け対策、紫外線対策としてはおすすめです。

顔を洗ってスキンケアをして、パウダーをはたく・・・・家にいるなら、お洗濯物を干すくらいならこれくらいで十分!

日焼け止めの塗り方・付け方

これは、皮膚科の医師によって、日焼け止めの付け方や塗り方も違うんです。

例えば、一人のお医者さんは

Left Caption

ドクター

日焼け止めはしっかりお肌に浸透させる!

というお医者様もいれば、違うお医者様は

Right Caption

ドクターB

紫外線をお肌に浸透させていけないので日焼け止めは厚く塗る!

どちらもお医者様が言ってることなので、どちらも正しいのかもしれませんが、基本は
『皮膚1 平方センチメートルあたり、日焼け止めは2g』で、ムラなく塗る!というのが正しいようです。

子供にも飲ませられる飲む日焼け止め

最近は、子供への紫外線対策も言われるようになりました。
しかし、過敏でデリケートなお子様の肌。お肌に優しいタイプの日焼け止めをつけるにしてもちょっと心配ですよね。そんな時に最近話題の

『飲む日焼け止め』はいかがですか。

今回ご紹介するおすすめの飲む日焼け止めは、

  • 子供や男性も飲めるほど安全で品質が認められた国内工場製造
  • 紫外線はもちろん、近赤外線もブロックし、抗酸化や抗炎症作用が期待

というこちらの飲む日焼け止めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンタンブロック 10粒入
価格:2870円(税込、送料無料) (2018/7/3時点)

また、こちらの飲む日焼け止めサンタンブロックは飲み続けるとこんな効果も期待できるそうです。

飲み続ければ、シミ、シワやたるみといったエイジング悩みまで解消してくれます

だそうです。
日焼け止めクリームなどと併せて使ったら鉄壁!完璧!お子さんの紫外線対策や日焼け対策にいかがですか。

楽天市場でランキング1位のヘリオケア

“飲む日焼け止め”として一番人気なのが、楽天市場でも日焼け止め部門で常に1位の
ヘリオケアです。

注目!!!ヘリオケア ウルトラD オーラル カプセル 30錠

楽天ランキングの日焼け部門を見ると、いつみても1位なんですよぉ。ホンマでっかTVで話題になったというのもあると思うんですけどね。

↑のリンクは楽天市場じゃなくて、同じ商品ですが、最安値でしかも送料無料で売ってるショップをご紹介しました。

ヘリオケアウルトラDの飲み方 外出前に飲む!

ヘリオケアウルトラDの飲み方ですが、外出される30分前に1カプセル飲むと良いそうです。
また、長時間外にいる時や、海など、激しく日光を浴びる場合などは、朝、2カプセル飲むと良いそうです。

ヘリオケアウルトラDの効果

ヘリオウルトラDの効果としては、紫外線による皮膚のダメージを軽減することが期待できるそうです。

飲んで、体の中で薬が溶ける30分くらいから効果が出始め、4時間~6時間ほど、効果が持続します。

ホンマでっかTVで話題になったのが最初のようですが、今ではモデルさんには欠かせないサプリメントとなっているようです。

ヘリオケアウルトラDの成分

ヘリオケアウルトラDの成分は次の通りです。

  • フェーンブロック
  • ルテイン
  • リコピン
  • ビタミンD
  • ビタミンC,E

“フェーンブロック”というのは、ヘリオケアウルトラDの主成分である、シダの一種から抽出された成分になります。

ヘリオケアの口コミ・レビュー

 
楽天市場のランキングでも、常に“日焼け部門1位”ですが、実際に飲まれた方の口コミやレビューはどうでしょうか。

ヨカッタヨ!
  • 1年中使ってます。1日1回朝、飲んでいますが、日差しの強いこれからの季節は、時間差で2回飲むなどしています。 体質的に、日焼けしやすい肌で、スグに焼けるし、シミなどが年々増えていますが、ヘリオケアを飲んでると、シミができるスピードが若干遅いように思います。飲まないというのが怖いので定期コースで注文しています。
  • 劇的な効果は感じませんが、飲み続けると焼けないような気がします。 そんなに外出するわけでもありませんが、焼けやすいタイプで、肌が弱く 日焼け止めを塗るのはちょっと・・・・なので、この商品は私にとって正に救世主でした。
  • もう何度もリピしています。毎日続ける事で日差しが強い日なんかも怖くなくなりました
うーーーん
  • 続けて飲んでますが、ハッキリ効果がわかりません。
  • リピート中ですが、効果がわからないです

※著作権上、意味内容は変えず一部表現を変えて掲載しています。

高評価でないレビューの殆どが「効果が分からない」という方ばかりでした。焼けてない、シミができた、焼けたなど、出ても出なくても分かるのは、数ヶ月先の事なので、飲んで今スグ効いてる!というものでもないから効果はわかりにくいですね。

皆さん、“お守り”のような感じで飲まれてる方も多いようです。

まとめ

  • 紫外線吸収剤じゃなく紫外線散乱剤のものを選ぶ
  • SPF値が高くてもこまめに、まんべんなく塗る
  • ウォータープルーフタイプの日焼け止めはクレンジングでしっかり落とし、しっかり保湿する